実験は金曜日

ソーダブレッド&よっしー特製スープ

ひさしぶりの山ごはん練習『実験は金曜日』

本日のメニューは、ソーダブレッド(イーストや酵母で発酵させず、重曹やベーキングパウダーで膨らますパン)

20141205_3

↑材料…中力粉 200g(無ければ薄力粉か強力粉でもOK)/ベーキングパウダー小さじ2
砂糖大さじ2/水140g/塩4g/全脂粉乳もしくはスキムミルク大さじ2

使用した武器…キャプテンスタッグ オーリック/おそとパン

20141205_8
↑ナイロン袋に材料を全部入れて よーく混ぜ混ぜ

20141205_9

↑ひとまとめにしテフロン加工された鍋かフライパンに入れて

20141205_10

↑蓋をして中火15分焼いて

20141205_11

↑裏返して中火で5分焼いて出来あがりー

20141205_13

↑焦げた… うーん もうちょっと弱火にすれば良かったのかな???

20141205_17

↑ソーダブレッドって実は食べたこと無いんだけど、こんな感じなんですかねー?

20141205_19

よっしーの特製スープと共にイッタダキマース

20141205_22

↑このスープ メチャメチャ可愛い星型のパスタが入ってるんですよー

ゴチソウサマでした~ 美味しかったよー◎

★結論…ソーダブレッドは山でも作れる。
しかし、もっと上手に混ぜて焼くことを工夫しないとね

| | コメント (0)

雷ヶ峰で山ごはん

ギックリ腰女よっしーと愛犬ロンを連れて雨の宮古墳群(雷ヶ峰188m)で山ごはん

201409_11

↑車を停めて約30分で188mの山頂に到着する お散歩山行です

201409_21

いやー 青空が気持ちイイー

201409_35

201409_50
↑途中で出合った真っ白の綺麗なキノコ達  食べれるのかなー???

201409_54

↑コンクリート製の滑り台の上で びびって腰が抜けるロン・・・

201409_57

↑いつも寄る大きな埴輪のいる展望台は立ち入り禁止になっていました

そーだねー 木が腐っていたからね・・・

201409_77

↑本日の山ごはん会場はグリーン広場の木陰です

201409_65

↑さー 御飯の準備に取り掛かります

今日のメニューはパッキーマオ(酔っ払い麺) 

201409_67

↑1個の鍋で出来るので超御手軽でっす

201409_84

↑よっしーはスパムステーキと野菜のソテーを作ってくれました

201409_95

↑さー 食べるぞー!!!!!ってパッキーマオ辛いわーん◎付いていた唐辛子は半分しか使わなかったけど・・・ でも美味しい 幸せー

201409_96

↑よっしーの焼くスパムステーキの順番を待つロン

201409_98

↑木漏れ日が気持ちいいー

201409_102

↑デザートもあるんですよー マーガリンと餡子入りのパンケーキと葡萄とカフェオーレ

奥の方から睨んでるロンがいますが、気にしない気にしない

201409_118

↑食後、まったーりする訓練の為 しばし昼寝

201409_131

さ、他の人たちも来たから帰ろうねー

以上 雷ヶ峰で山ごはんでしたー

| | コメント (0)

お豆とウインナーとバーミセリのトマトソース ぷるっぷる目玉焼きを添えて

すっごい久しぶりですが 『実験は金曜日=山ごはん練習』をやりまーす

20140425_7

↑ぜんぜん準備してなかったので、常備食材で創作料理っす

20140425_8

↑まずはー ニンニクをオリーブオイルで軽く炒めてからウインナー2本入れて

20140425_10

↑次にミックスビーンズを入れて

20140425_14

↑あらごしトマトを入れてから、鍋キューブ塩だし2個入れて

20140425_15

↑水分を無くすためにバーミセリ(超短くで細いパスタ)を入れて2分くらい煮込む

20140425_21

最後に塩胡椒で味を調えて出来上がりー 

20140425_17

よっしーがメスティン&エスビットポケットストーブで十五穀米を炊いてくれたので

20140425_26

↑お皿に盛り付けて

20140425_24

↑空いた鍋で、ちゃちゃっと目玉焼きを焼いてー

20140425_29

『お豆とウインナーとバーミセリのトマトソース ぷるっぷる目玉焼きを添えて』完成◎

20140425_30

↑ぷるっぷる目玉焼きをプチッとつぶして 黄身を絡めながら食べまーす

くーっ 適当に作ったのに美味い◎

こんな簡単に山ごはんが出来たら良いんですけどねー なかなか外では難しいんです…

| | コメント (0)

HOKADONを研究②

今回はHOKADON(ほかどん)じゃない弁当箱と比較研究

2013123_1

↑朝の7:00に炊飯ジャーの御飯(68℃)を入れてきた弁当箱?タッパ?…12:00過ぎに食べる時25℃

私の持ってるHOKADONでは↑ご飯の温度は7:00に68℃~12:00過ぎ32℃でした

あんまり変わんないのねー

2013124_1

↑よっしーのサーモスの保温弁当箱…朝の7:00に炊飯ジャーの御飯(68℃)を入れ、12:00過ぎに食べる時42℃

2013126_1

↑よっしーのサーモスの保温弁当箱…朝の7:00に炊飯ジャーの御飯(68℃)を入れ電子レンジでチン(93℃)した物を保温バッグにいれた物~12:00過ぎに食べる時は61℃

これはホッカホッカだったので、この位保温できてると嬉しいなー◎

これなら日帰りの山へ持って行っても良さそうですねー

私の持ってるHOKADONでは↑この方法+αで朝の7:00に炊飯ジャーの御飯(68℃)を電子レンジでチン(93℃)保温バッグにいれた物~12:00過ぎに食べる時は41℃でした…

って訳で、残念ながらHOKADONの保温性はかなり低いって事が実証されました…

うーん サーモスの保温弁当箱が欲しくなっちゃったなー

★おまけ…本日は金曜日なのでランチは山ごはん練習

2013126_2

↑私が作ったのは乾燥野菜のスープ?鍋???

メインのオカズは、よっしーが作ってくれたチキンとミックスビーンズのトマト煮

2013126

↑乾燥野菜にはキャベツ・人参・小松菜が入っています

これを鍋キューブで煮ただけー

って乾燥野菜って超あまーい・・・ これは山で使うのはイマイチかも

| | コメント (0)

ファルファッレ de すいすいパスタ&野菜スープ

今日は金曜日じゃないけど、よっしーが水に漬けたファルファッレ(蝶リボン型パスタ)と野菜スープの材料をくれたので 山ごはん実験ランチ

名付けて『ファルファッレ de すいすいパスタ&野菜スープ』

20131113

↑左側から約2時間水に漬けたファルファッレ(蝶リボン型パスタ)・COOPのレトルトアラビアータソース・チキンコンソメ・野菜スープの材料(キャベツ・玉葱・ウインナー等)

20131113_1

↑まずはフライパンにアラビアータソースとパスタをつけてあった水を100cc程入れて温めます

20131113_2

↑ソースが沸々してきたら水を切ったファルファッレ投入 しばし煮込みます

20131113_3

↑ファルファッレは真ん中がギュッと絞られてるので なかなか軟らかくならない・・・

普通なら11分茹でるらしいが、今回は、すいすいパスタなので5分ほど煮込んで皿に盛り付ける

20131113_5

↑ファルファッレを漬けてあった水を、ばばちいフライパンに入れてー

20131113_6

↑野菜スープの材料(キャベツ・玉葱・ウインナー等)を投入し煮込む

20131113_8

↑キャベツが、しなっとしたらチキンコンソメを入れて出来上がりー

20131113_10

↑ファルファッレ de すいすいパスタ&野菜スープのランチでーす

うーむファルファッレ おぬし5分煮込んだだけじゃ ちと硬いのー あごが疲れるぞよ

やっぱソースとは別に下湯でした方が良かったのかなー

20131113_9

↑使い終わったフライパンは結構綺麗なので、山ごはんには良いメニューなのかもしれませんが、水に浸す時間は2時間より長いほうが良いかと思います

| | コメント (0)

固形燃料 DE すいすいパスタ!!

本日は金曜日って事でランチは山ごはん練習 通称『実験は金曜日』なのであります

2013118_5

↑今日のメニューはNHKためしてガッテンでやってた『すいすいパスタ!!』

とりあえずー でっかいジップロックにパスタ(1人前なのに120g!)を水に浸します

2013118_7

↑2時間位浸すとー このように不気味な色のデロデロパスタが出来上がります

2013118_8

↑本日のソースは こちらです↑ えっ?2人前ですが何か???(よっし~さん風)

2013118_9

↑本日使用した武器は30の固形燃料&おそとパン

2013118_12

↑ソースをグツグツ温めてから 水を吸わせたパスタを水から出して投入します

2013118_16

↑おおおおおおおおおおおおおおおおー

白っぽかった不気味なパスタが 速攻で普通のパスタ色に変わります

2013118_22

↑5分位グツグツしてパスタの色が全て変わった時点で完成!!

あららー 簡単だわー 調理時間は全部で10分もかかっていないんですよー

食感もプリプリのアルデンテで自分で普通にパスタを茹でて作ったよりも美味しく出来上がりましたー

これは山ごはんには最適ですねー 今度は本当の山でやってみよーっと!!!

2013118_23

↑あまりにも短時間で出来たので、30の固形燃料が、まだまだ燃え続けてます・・・

20の固形燃料でも出来そうですが、山では風の影響もあるので30を持っていったほうが良さそうです

| | コメント (2)

メスティンでラザニアを焼くーの巻

本日は金曜日なので、ランチは山ごはん実験の『実験は金曜日』

2013111_2

↑今回使用する材料&器具(左端のホワイトソースルウは使いませんでしたー)

2013111_1

↑このラザニアは下茹でしなくても良いので楽チン

2013111_5

↑さすがイタリア製 箱に直接ラザニアが入ってます・・・

2013111_7

↑小さい方のメスティンを使用したので、ラザニアは少しカットしなきゃ入りません

2013111_9

まー とりあえずアルミ箔を敷いてー、ホワイトソースの代わりに使用するカルボナーラソースを適量入れ、その上にボロネーゼソースを適量入れラザニアを入れるを5回繰り返す

2013111_10_2

今回のラザニアは下茹で無しで使用するので、50cc位お水を入れてから

2013111_12

↑1人鍋用の固形燃料30で焼きまーす

2013111_13

↑約20分ほど焼いたら上下裏返して残り火で焼きまーす

2013111_14

↑じゃじゃーん 出来たー 粉チーズを上部にかけなかったので超シンプルなラザニア

2013111_17

↑ガシガシ切って食べまーす

2013111_18

↑うーん ちょっとラザニアがアルデンテ気味・・・

って事は、次回から水は80~100cc位入れた方が良いかも?

2013111_19

↑ラザニアは6人前で15枚使用らしい… 5枚をペロリンチョと食べた私は2人前食べた事になるのねー まだまだ食べれそうな位 美味しいんだけどなー

2013111_20_2

↑アルミホイルを取り去った後の 超キチャナイメスティン…

この料理は日帰り山のお昼にしか使えませんね。

以上 メスティンでラザニアを焼くーの巻でしたー

| | コメント (0)

お袋のワザで御飯を炊く?

ひっさしぶりにランチは『実験は金曜日』

Pa171604_2

↑お袋のワザと言う簡易炊飯袋を使用し、山で御飯を炊く練習

20131025

↑前回は400mlの水でやって袋がなべ底にくっついて破れたので今回は大目800ml

20131025_1

↑熱湯にお袋のワザに入れた米(100g)をドボンして約20分ぐつぐつ煮ます

20131025_2

↑20分茹でたら別の器に入れてフタをし10分程蒸らします

20131025_3

↑残ったお湯でレトルトカレーを温め、またまた残ったお湯でスープを作ります

20131025_5

↑これが20分ゆでて10分間蒸らして出来た御飯

まーまー美味しそうにできてますが、米の甘みは全部お湯に溶け出てると思う

20131025_8

↑チキンカレー&松茸のお吸い物

うーん 米100gじゃあ食べすぎだなー お吸い物も大量だー お腹がハチキレルー!!!

今度は米75g(半合)にして、煮るお湯の量は600mlにするべきですね!

以上 実験は金曜日でしたー

★お袋のワザの米袋は3回まで使えるそうですが、綺麗に洗って乾燥させて保存しておくってのも どうかと思うのですが… うーむ 微妙

| | コメント (2)

ガバオ?

本日は金曜日なので、ランチは山ごはん練習のはずなのですが、よっしーが¥88-だったよーと買ってきてくれた、いなば『とりそぼろとバジル』を試食してみました

P5170415_2

御飯に缶詰をかけて目玉焼きを添えると タイのガバオと言う料理らしいのだが、私は冷御飯に缶詰を入れマゼマゼ炒めしてから卵を真ん中に入れてフタをして蒸らしてみました

P5170416

うーむ 見栄えは地味で不味そうですが 食べた感じは悪くない。って言うか美味い◎

これで¥88-なら買いだと思ふ。

いなば『とりそぼろとバジル』 山ごはんでもなかなか使えそーな缶詰でしたー

これならエスビットポケットストーブ&固形燃料&メスティン3点セットで調理もバッチリ

| | コメント (0)

インチキパエリア

本日は金曜日なので、ランチは山ごはん練習

冷凍御飯を山へ持って行って、どれだけ短時間で簡単に食べられるかを実験します

2013412_3

↑材料・・・ウインナー6本・玉葱1個・粒状パエリヤの素・冷凍御飯

使用した器材・・・おそとパン・オーリック小型ガスバーナーコンロ M-7900

2013412_1_2

↑おそとパンに、みじん切りした玉葱と刻んだウインナーを入れて5分くらい炒めてから、冷凍御飯を入れ強火で炒めます。ある程度パラパラしてきたらパエリヤの素を適当に入れて(大匙1杯~1.5杯)マゼマゼします

2013412_5

↑10分位で出来上がりー 本当の米からパエリアを作ると30分位かかっちゃうから、この方法ですると、かなり時間短縮になりますって当たり前か。

よっしーが作ってくれたペペロンチーノペンネと共にイッタダキマース

うんうん!味も食感も悪くないし中々美味い。これは山でも使えるメニューだと思う

| | コメント (0)

より以前の記事一覧